グアムのビーチおすすめ7ヶ所!子供づれでも安心して楽しめる

グアムの海の画像

常夏の楽園として有名なグアムは、日本から3時間半で到着する利便性もあり、1年を通して観光客で賑わっています。

行く時期に応じて開催するイベントが異なっており、別のグアムの顔を見せてくれるので何度行っても飽きません。

そんなグアムですが、海が非常にキレイなのでビーチで時間を過ごす人は少なくありません。

そこでこの記事では、グアムで絶対に行きたいオススメのビーチついて紹介していきます。

1.「ココパームガーデンビーチ」グアムで一番安心できるビーチ

ココパームガーデンビーチの画像

グアムには3つの有料ビーチがありますが、その中でも一番高いのが「ココパームガーデンビーチ」です。

大人1人およそ85ドルしますが、その分設備が充実しており、用具がすべて付いているので安心できます。

場所は繁華街からかなり離れた場所ですし、監視員やスタッフが大勢いるため、小さな子供を連れて遊ばせるのには最適な環境と言えるでしょう。

ダイビングする女性の画像

グアム島北部に位置している関係で、海の透明度が素晴らしく、その場にいるだけで身も心もキレイになれる、そんなビーチです。

一度行くと他のビーチでは満足できなくなる人が続出しており、リピーターが多いのが特徴です。

レンタカーを使って行くこともできますが、時間やその他特典などを考えると、各旅行会社が提供しているオプショナルツアーで行くのが良いでしょう。

詳細情報

  • 施設名:ココパーム・ガーデンビーチ
  • 住所:Tamuning, Guam 96931
  • 電話番号:(671)477-4166
  • 営業時間:7:30~18:00(予約時間)
  • 定休日:要確認
  • 予算:ツアー料金54ドル~94ドル(6~11歳36~52ドル)
  • ホームページ:http://www.cocopalm-guam.com/

2.「ココス島」離島だからこその絶景が広がるビーチ

ココス島の画像

グアム島から船でおよそ15分で到着する、「ココス島」はグアムの有名観光スポットです。

グアム島のビーチでも透明度が素晴らしいのに、離島に行くと息をのむ絶景が広がっています。

離島という特色を活かしたアクティビティが充実しており、自然をそのまま残したココス島は特別な時間を来訪者に与えてくれます。

グアム島から船に乗ると、透明度抜群の海が360度広がっており、この世のものとは思えないほどです。

ダイビングで魚に餌を与える画像

ココス島を散歩したり、ビーチで横になったり、イルカウォッチングを楽しんだりと、思い思いの時間を過ごせます。

グアムに行くなら、ココス島のビーチを一度ぐらいは堪能しておくことが薦められていますよ。

贅沢な時間が流れ、日ごろの悩みやストレスは一瞬で吹き飛んでしまうでしょう。

詳細情報

  • 施設名:ココス島(Cocos Island resort)
  • 住所:TCocos Island, Guam 96911
  • アクセス:メリッツォから定期船で約10分
  • 予算:ツアー料金89ドル~(2~11歳45ドル)
  • ホームページ:http://www.cocos-island.jp/main/

3.「イパオビーチ」遠浅なので女性も子供安心できるビーチ

イパオビーチの画像

海は自然の一部で油断すると溺れて命を落とす危険があるので、家族連れや女性は海に入るのを少し躊躇いますよね。

せっかく海外旅行に来ているのに、万が一が起これば楽しむことができず、行ったことを後悔するでしょう。

そうならないビーチを探しているなら、「イパオビーチ」はオススメです。

女性でも足が付く浅瀬に、サンゴ礁が生息しており魚の種類が豊富で浅瀬でも十分に楽しめるからです。

海中の熱帯魚の画像

また沖に行かなければ溺れる心配も少ないので、小さな子供連れでも安心してビーチで遊ぶことができるでしょう。

ヒルトンホテル側にあるビーチで、監視員やライフセーバーも常駐しているため、もしもの時も安心ですよ。

サンゴ礁が近くにあり種類豊富な魚が泳いでいるので、シュノーケリングを趣味としている人にとっては興奮を覚えるビーチだと言われています。

様々な遊びに使えるビーチですし、アクセスも容易ですからぜひ訪れてみてください。

詳細情報

  • 施設名:イパオ ビーチパーク(Ypao Beach Park)
  • 住所:Tamuning, Guam 96911

4.「タモンビーチ」グアムに行ったら必ず訪れたいビーチ

多聞ビーチの画像

グアムに到着し、とにかくキレイなビーチを見たいという人にオススメなのが、「タモンビーチ」です。

ホテル街のすぐそばにあり、TheプラザやDFSから海側に行くと、パラソルや乗り物が見えてきます。

そこはもうタモンビーチで、繁華街に近い海なのに透明度は抜群で、波も穏やかなビーチです。

多聞ビーチの画像2

日本人がとても多いので、一瞬海外であることを忘れるほどで初心者向けのビーチといえるでしょう。

繁華街に近いこともあって、JPストアやABCストアなどがすぐ近くに店を構えているため、喉が渇いたり小腹が空いたらすぐに買い物ができるのも便利。

ここは海水浴を楽しむというよりも、ビーチで日焼けをしたり美しい海をバックに撮影したりする人で賑わっています。

連日大盛況のビーチなので、静かにのんびり過ごすような場所ではないのでご注意ください。

詳細情報

  • 施設名:タモン ビーチ(Tumon Bay)
  • 住所:Tumon Bay, Harmon Guam, 96913

5.「リティディアンビーチ」グアム最北端にある透明度抜群の海が自慢

リティディアンビーチの画像

グアム島の最北端に位置するのが、「リティディアンビーチ」です。

グアムの中でも透明度抜群の海が自慢で、星の砂が拾えるビーチとして有名。

観光スポットなので日本のグアム向け雑誌などでも、必ず紹介されていますが人はほとんどいません。

タモンビーチは繁華街から近いので、大勢の人で賑わっていますが、リティディアンビーチは人があまりいないので波の音を聞きながら静かなひと時を過ごせます。

リティディアンビーチの画像2

人がほとんどいないこともあり、海の中は魚で溢れています。

しかしグアム島北部に位置しているため、潮の流れが早く毎年のように海難事故が起きている場所でもあるのです。

ですから、海水浴をする場合は遊泳可能エリアの浅瀬だけにしておきましょう。

このビーチへ行くには、タイヤがしっかりした車が必要ですし、盗難事故も多いので自己責任で行くようにしてください。

詳細情報

  • 施設名:リティディアン岬 (リティディアン ビーチ)
  • 住所:Yigo, Guam

6.「ファイファイビーチ」タモン地区から近い便利なビーチ

ファイファイビーチの画像

ビーチへ行くのにホテルから遠いと、何かと不便ですよね。

せっかくなら近くのビーチで、思う存分遊びたいという人に最適なのが、「ファイファイビーチ」です。

タモン地区のホテル街から近いのにも関わらず、透明度が高い海が一面に広がっているので十分に楽しめます。

ファイファイビーチの画像2

マリンシューズやライフジャケットなどは無料レンタルがあるため、水着とタオルがあれば十分。

子供にも安心して楽しんでもらえる、自然が残るビーチとしてオススメですよ。

詳細情報

  • 施設名:ファイファイビーチ(Faifai beach)
  • 住所:Tamuning, Guam 96931
  • アクセス:ホテル ニッコー グアムの北、ガンビーチの先
  • 予算:ツアー料金68ドル(4~11歳34ドル)
  • ホームページ:http://www.faifaibeach.com/

7.「ガンビーチ」お昼からお酒が楽しめる大人のビーチ

ガンビーチの画像

ニッコーホテルに近い場所にあり、日本人観光客が多いビーチとして知られるのが「ガンビーチ」です。

魚の種類が豊富で透明度の高い海なので、シュノーケリングやダイビングがアクテビティとして人気。

ニッコーホテルに宿泊しているお客さんが多く、時期によっては混雑しています。

海中の画像

ただしこのビーチは、波が穏やかではなく激しいときは波が高く、そして砂も荒いため小さな子供には不向きです。

このビーチにはおしゃれなバーがあるので、昼間からビーチでお酒が頂けるのが素晴らしい点といえるでしょう。

子供には不向きな環境のため、大人が楽しむビーチとして知られています。

詳細情報

  • 施設名:ガン ビーチGun Beach)
  • 住所Tumon, Guam

まとめ

海辺のレストランのディナーの画像

ここでは、グアムで絶対に行きたいオススメのビーチついて紹介していきました。

グアムにはいくつものビーチがありますが、そのどれもが透明度抜群の海が自慢です。

その中でも家族連れにオススメのビーチや、大人のデートにピッタリなビーチなどそれぞれに特徴があります。

どのビーチに行くかは、そのときの状況によって変わるので事前にビーチの特徴を把握しておくと、よりグアムを楽しめますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました