グアム入国審査・出国審査ガイド|旅行前に知っておくべき!

グアムへようこその看板の画像

日本からの海外旅行先として古くから人気で、今後も人気が続くと予想されているのが「グアム」ですよね。

常夏の島で、アクティビティも充実していることから何度行っても飽きないと言われています。

そんなグアムですが、初めて訪れる人にとっての関門は、グアムの空港における出入国ですよね。

そこでこの記事では、グアムの空港における出入国の流れや、空港での時間のつぶし方について紹介していきます。

1.グアムの空港での入国審査のやり方

空港の画像

グアムの空港に到着して最初に行うのが、入国審査です。

日本からグアムへ飛行機で移動中、機内で入国用の書類を記入するように案内されます。

以下3つの用紙が渡されますので、該当する人は記入しておきましょう。

  • 出入国カード(I-94)…グアム滞在日数が45日以内で、ESTAを持っていない場合は記入が必要
  • 出入国カード(I-736)…グアム滞在日数が45日以内で、ESTAを持っていない場合は記入が必要
  • 税関・検疫申請書…全員が記入する。ただし家族ならまとめての記入が可能

注意点としては、日付の記入方法は日本とは違い、月/日/年という順番になっている点です。

また、ホテルの電話番号や住所といった基本的な情報を記入することも求められるので、書類を機内に持ち込んでおくようにするとスムーズに書けます。

当然ですが記入は全て英語、サインはローマ字で、ボールペンを使って記入をしていきます。

これらの用紙は書き間違えたとしても、入国審査で並んでいる間に係員がチェックしてくれ、間違っている部分を教えてくれるので安心です。

飛行機内で書けなくても、空港で書けるエリアが用意されているので、慌てる必要はありません。

さてグアムの入国審査ですが、混雑状況は時と場合によって大きく異なります。

空港で並んでいる画像

ちょうどグアムへ到着した飛行機が、搭乗していた1台のみであれば、そこまで待つ必要はないでしょう。

しかしジャンボジェット級の飛行機が同じような時刻に到着したならば、1時間以上待たなければいけません。

入国審査の待ち時間を短縮したいなら、中国・韓国の祝日を避けるという方法がオススメされています。

とはいっても完璧に予想することは難しいでしょうから、並ぶの覚悟で入国審査に臨む必要があるでしょう。

2.グアムの空港で入国審査が終わった後にするべきこととは?

空港の受付の画像

最大の関門であるグアムの空港における入国審査が終わったら、流れてくる荷物から自分のものを取りましょう。

意外と自分と同じスーツケース、キャリーバックを使っている人はいるもので、勘違いしてしまう人も少なくありません。

札をしっかりと確認してから、荷物を受け取るようにしてください。

荷物を受け取ったら空港の出口付近へ進みますが、初めての空港となれば道に迷ってしまわないか心配になりますよね。

しかしグアムの空港はそこまで広くはありませんし、基本的に荷物を受け取った人の列についていけば出口付近までは何も考えずにたどり着けます。

出口を出ると、ツアー会社が軒を連ねる「ツアーカウンター」があります。

ここで申し込んだ会社のツアースタッフに声をかけ、ツアーカウンターへ行きホテルのキーやアクティビティの紹介、特典付きの冊子などを受け取って送迎バスなどに乗りましょう。

3.グアムの空港から出国する際の注意点

空港の出国審査の画像

グアム旅行に日程が終われば、名残惜しいですが日本へ帰国する準備をしなければいけません。

まずはグアムの空港で出国の手続きを取ります。

グアムの空港へ到着したら、1階にある各航空会社のチケットカウンターで航空券の手続きをし、大型荷物を預けます。

チケットカウンターの横にあるエスカレーターを利用して2階へ進むと、「出国審査」です。

ここでは機械を使い体の隅々までチェックされ、手荷物も詳しく見られます。

上着も靴も脱いでの審査となるので、タイミングによっては長蛇の列となる場合が多いので時間に余裕を見て出国審査に臨みましょう。

機内に持ち込めないものが入っていると、容赦なくスタッフにストップされるので事前に必ず確認をしてください。

グアムの砂を持ち帰るのはNGなので、旅の思い出であったとしても持って帰ってはいけません。

4.グアムの空港で効率よく時間をつぶすには?

グアムの空港の待ち時間の画像

グアムの空港における出国審査は、問題が発覚するとストップされて審査が滞ってしまいます。

それでも事前に注意をしておけば問題なく通過できるので、出国まで時間があまることが多いです。

そこで空港で時間をつぶすケースも考えられるので、空港内での楽しみ方についていくつか紹介しておきますね。

① フードコート

フードコートの画像

少し手狭で時間帯によっては大混雑していますが、フードコートで旅の疲れやグアムの雰囲気を感じ取ることができます。

  • てんてこ舞い(日本食がメインのお店)
  • ドミノピザ
  • 丼もの
  • バーガーキング

こうした店舗があり、小腹を満たしつつ出国までの時間をつぶすこともできるでしょう。

ただし空港に出店している関係もあって、料金は高めです。

② 免税店

免税店の画像

空港ではお馴染みの免税店も、グアムの空港では数が非常に少ないです。

一番規模が大きいのがロッテのお土産屋さんで、様々な商品を取り扱っています。

フードからリキュール、コスメブランド、ファッションブランドまで取り揃えられているので、お土産を買い忘れたという人や、最後の確認をしたい場合などは重宝するでしょう。

しかし時間帯によってはこの免税店も大混雑が予想されるので、時間に余裕を見て訪れるようにしてください。

まとめ

グアムのビーチの画像

ここでは、グアムの空港における出入国の流れや、空港での時間のつぶし方について紹介していきました。

グアムの空港における出入国の手続きは、普段の生活では馴染みのない出来事となるので不安を感じる人も多いもの。

問題なく事が進めば良いですが、トラブルが発生するとなればパニックになるのも仕方ありません。

そうならないためにも事前に出入国では、どんなことを行うのかを知っておき準備をしておくことが大切ですよ。

またグアム空港での時間のつぶし方についても紹介しているので、参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました